日々の事
日々の事 > ゆず茶 > ゆず茶のど飴

ゆず茶のど飴

Pocket

のどが痛いときはのど飴舐めますね。
レモン味やリンゴ味など最近はおいしいのど飴も増えてきました。
昔はのど飴と言えば苦くておいしくない、まさに薬のイメージでした。
さて、いろいろなのど飴の中でお勧めしたいのはゆず茶のど飴。
カンロやノーベル等いろいろなところから販売されています。
カンロのはちみつゆず茶のど飴は甘すぎずゆずのほどよい苦みが感じられます。
さらになかにゆずペーストが入っていて、舐めていくうちにひと味違った食感が味わえます。
まるで本物のゆず茶を舐めているよう。
のど飴ということを忘れて何個も食べてしまいそうになります。
ところで、のど飴には2種類あるのをご存じでしたか。
いわゆる薬局で販売している薬としてののど飴とコンビニやスーパーで売られているお菓子としてののど飴。
前者は「医薬品」や「医薬部外品」として売られています。最近、コンビニでも
「医薬部外品」の販売が許可されたので、前者もコンビニ等で見かけることができます。
さて、両者の違いは何でしょうか。
薬としてののど飴は、効果・効能がうたえる、そのためかどうかは分かりませんが、価格が高いです。
一方お菓子としてののど飴は成分を表示することしかができません。
しかし、両者に大きな効能の差はないようです。ただ、症状が重い場合はお菓子ののど飴では対処できない場合もあり、その場合は薬としてののど飴をお勧めします。
薬剤師さんに相談してみるのもよいかもしれませんね。