日々の事
日々の事 > ゆず茶 > 大分のゆず茶

大分のゆず茶

Pocket

韓国で一般的に飲まれているゆず茶。
最近では、日本国内でも生産されています。
そのなかから今日は、大分県の養蜂家が作ったゆず茶をご紹介します。
250g入で714円(税込)と値段も手頃です。
このゆず茶、養蜂家が作ったこともあり、ハチミツだけでじっくり煮込んであります。
一般的には砂糖を使って煮込むのですが、ハチミツの香りがプラスされ、ひと味違ったゆず茶に仕上がっています。
ゆず茶には皮が丸ごと入っています。ただスライスしただけのものが一般的なため、最初は飲みにくいかもしれません。
しかし、このゆず茶は、みじん切りにしているため、皮も気にならずお飲み頂けます。
飲み方は、80度くらいのお湯に小さじ2~3杯を溶かすだけ。とっても簡単です。
もちろん、ホットのままでも冷たく冷やしてもOK。
季節を問わずお飲み頂けます。
また、飲むだけでなく、トーストにぬったり、ヨーグルトやアイスに添えたりいろいろなアレンジが楽しめます。
ハチミツを使っているので甘すぎてしまうのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。
しかし、そんなことはありません。実際購入して頂いたお客様には、普段ジャムは甘すぎてトーストには使わないけど、このゆず茶は甘すぎずトーストにぬってちょうどいい、とおっしゃって頂いてます。
もちろん、ゆず茶として飲む場合も、市販のゆず茶は甘すぎるけど、これは甘さ控えめでバランスがいいおいしさ、というお声もいただいております。
さわやかで自然の甘さが漂うゆず茶、是非みなさんもお試し下さい。