日々の事
日々の事 > アミノ酸 > アミノ酸とは

アミノ酸とは

Pocket

たんぱく質を構成する最小単位のことをアミノ酸といいます。
そして、アミノ酸はすべての生物体に存在しており、生命の根源となっています。
人間はアミノ酸の集合体といえます。
約70%を水分で、20%がたんぱく質で構成されているのが人間の体です。
人間の体を作っているたんぱく質はアミノ酸が集まって出来ています。
たんぱく質を主成分としているものはたくさんあり、脳、内臓、血管、白血球、赤血球、骨、筋肉、神経、皮膚、毛髪、爪、そして、遺伝子DNA、ホルモンです。
全身のたんぱく質が新しくなるのは約1ヶ月周期です。
一部は再利用されるのですが、約50%は新しいたんぱく質と入れ替わります。
つまり、健康な体を維持するコツは、常に必要量のアミノ酸を補給することなのです。
また、アミノ酸は、米が主食である私たち日本人にとって、常に不足しがちな栄養素です。
プロテインとアミノ酸はどう違うのかがわからず、百貨店や薬局にて何度も、プロテインとアミノ酸について尋ねました。しかし、納得のいくような説明を受けることはできませんでした。
プロテインとは=蛋白質です。複雑な構造をもつ含窒素有機化合物であり、生物体の構成成分のひとつです。基本構造は鎖のようにつながった数十個以上のアミノ酸から成り、核や細胞質に含まれるものは生命の現象との深いつながりをもちます。酵素または酸により加水分解を受けてアミノ酸のみを生ずるものを単純蛋白質、その他を複合蛋白質(リボ蛋白質、糖蛋白質、色素蛋白質など)といいます。動物にとってとても大事な栄養素のひとつであり、工業的にも大事なのです。
アミノ酸とは=カルボキシル基とアミノ基をもつ化合物です。カルボキシル基とアミノ基がまったく同じ炭素原子についているものをアルファ-アミノ酸、アミノ基が隣りの炭素原子に順に移るに従って、ベータ-、ガンマ-、デルタ-アミノ酸と呼びます。蛋白質の主要構成成分はアルファ-アミノ酸であり、通常アミノ酸といえばアルファ-アミノ酸のことをいいます。天然に存在するアミノ酸の種類は80種以上あり、そのうちたんぱく質を構成するものとして約20種が知られます。