日々の事
日々の事 > アミノ酸 > アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプー

Pocket

石鹸は、陰イオン界面活性剤に分類される界面活性剤であり、水がアルカリ性でないと洗浄力を発揮できないというのが特徴です。
石鹸を使うと、水が弱アルカリ性になります。
肌にとっては、アルカリはあまり良いものではなく、刺激や障害の原因にもなります。弱酸性の洗顔料が販売されているのはそのためです。
可能であれば中性から弱酸性で洗えるものを使った方が肌、そして髪にとって良いことです。
アレルギーや敏感肌の人は、これまで合成シャンプーや、合成洗剤ではなく、石鹸を使うことを奨められてきました。しかし、実は石鹸の刺激の度合いは中程度であり、もっと肌によいアミノ酸シャンプーというものがあります。
石鹸は、ある種の合成シャンプーや合成洗剤と呼ばれるものと比較すると、刺激が弱いとはいえます。
アトピー性皮膚炎の人には石鹸を使うようにすすめる皮膚科の医師もいます。
しかし、石鹸も界面活性剤の一つであり、刺激が無いわけではありません。最近では、合成洗剤として分類されるものの中にも、刺激が石鹸より少ない界面活性剤を使っているものもあり、敏感肌の人にとって必ずしも石鹸が最適と言うことはできない状況になっています。
理想的なものは弱酸性で体や髪を洗うことができ、さらに石鹸よりも刺激が少ないものです。
そんな理想に応える洗浄料としてアミノ酸シャンプーというものを紹介します。
アミノ酸シャンプーは使っているうちに肌や髪の調子が良くなります。
シャンプーは、化粧品として薬事法という法律で規定されており、厚生労働省の管轄です。
多く人はシャンプーには石鹸シャンプーと合成シャンプーの大きく2つに分けてシャンプーを考えているでしょうが、どちらも法律で規定された正式な呼び名ではありません。
アミノ酸シャンプーも法的な規定はないため、石鹸シャンプーや合成シャンプー同様、通称ということになります。
法的な規定がないために、わずかな量のアミノ酸系の成分が入っているだけにも関わらず、アミノ酸シャンプーという呼び名をつけているメーカーもあります。
しかし、複雑な説明になってしまうため、石鹸シャンプー、合成シャンプー、アミノ酸シャンプーという、法的に正式な名前ではなく一般的に使われている名称をここでは使用します。
それでは、アミノ酸シャンプーが良いという理由は何なのでしょうか。
 
アミノ酸の効果は髪へ浸透し、補修するというものです。そのため以前から美容室等ではアミノ酸入りのシャンプーが使われていました。
これから技術的な話にうつります。あまり技術的な話や理科が得意でない人は、アミノ酸シャンプーというのはアミノ酸を使用した石鹸よりも刺激の少ないシャンプーと考えてください。
アミノ酸シャンプーの中でも当店で扱っているシャンプーは天然の糖や天然のアミノ酸から作る保湿成分により、使っているだけで肌や髪の調子が良くなってきます。まさに最高品質のものといえます。
だからといって洗浄力が落ちるというわけではなく、しっかりした洗浄力を確保しています。それにプラスしてアミノ酸の働きがあるため、「髪が生えてきました」という抜け毛に悩んでいた男性がいます。