日々の事
日々の事 > アミノ酸 > アミノ酸BCCAの特色

アミノ酸BCCAの特色

Pocket

BCCAについての勉強をしてみます。
分子構造上の特徴から、BCAAは別名を分岐鎖アミノ酸といい、必須アミノ酸のうちのロイシン、イソロイシン、バリンのことをいいます。
また、必須アミノ酸は、非必須アミノ酸と違い、食物などからしか摂取することができません。
筋肉を構成するタンパク質がミオシンとアクチンで、その主成分がロイシン・イソロイシン・バリンです。食物のたんぱく質として体内に取り入れられると、アミノ酸は
分解されて、その大部分は、小腸から門脈を通り、肝臓に運ばれて代謝されます。 
BCAAは燃焼系ボディを目指す方のためのダイエット健康食品です。 アミノ酸を、食事に加えて健康食品・サプリメントで効率よく補いましょう。
タンパク質は分解されると20種類のアミノ酸へ姿を変えます。その中にはBCAA(分岐鎖アミノ酸:Branched  Chain Amino Acids)も含まれます。
BCAAは、それ自体が運動のエネルギー源となることで、筋タンパクを維持し、瞬発力の低下を防ぎます。またグリコーゲンを節約し、集中力を維持することによって持久力の向上にも役立ちます。
  
体内では、肝臓や筋肉に働きかけたり、血液中の窒素バランスを調整したりします。ほとんどのアミノ酸は肝臓で代謝されますが、ロイシン、イソロイシン、バリンの3つ(この3つのアミノ酸を総称して分岐鎖アミノ酸〔BCAA〕といいます)は筋肉の中で代謝されます。
またこれらのアミノ酸は必須アミノ酸といい、食品から摂取しなければなりません。
BCAAの主な機能
・BCAAは、筋肉量を維持し、ダイエットをサポートします。
・BCAAは、運動パフォーマンスをよくし、基礎代謝を高めます。
筋肉の組織は、ミオシンとアクチンというたんぱく質でできています。このミオシンとアクチンの主成分はロイシン、イソロイシン、バリンというアミノ酸であり、その分子構造から分岐鎖アミノ酸(BCAA=Branched Chain Amino Acid)と呼ばれます。BCAAは、筋たんぱく質に含有される必須アミノ酸のうちの約35%を占めています。
そこでBCAAを補給すると、筋肉組織の原料が豊富になり、筋力の向上に効果をもたらすことになります。
私たちの体は長時間のランニングや激しい運動などを行うと、不足したエネルギー源を補うために筋肉中のたんぱく質を分解し、BCAAを消費します。
実際、スキーのクロスカントリーやマラソンのように過酷な競技では、BCAAが筋肉で消費されたことにより、競技後の血中BCAA濃度は20%も低下したりします。つまり、激しい運動によって筋肉組織は消費され、損傷します。
しかし、スポーツの前や途中にBCAAをタイミングよく補給することにより、筋肉の損傷を少なく抑え、筋力の低下を抑えられます。また、多く補給されたBCAAは運動エネルギーとして利用されるため、エネルギー源に余裕ができ、スタミナを長時間にわたって維持することもできます。
さらにスポーツの直後や睡眠前にBCAAを補給することにより、傷んだ筋肉を早く回復させ、筋肉痛などを防ぐという効果が期待されます。